ひまわり組 12月の様子

お餅、美味しかったね♪

先日、もちつきがありました。もちつきの歌を歌ったり絵本を見たりして、もちつきを楽しみにしていた子ども達。「あんこのお餅が好き!」「早く食べたいな」と友だちと話していました。

玄関に行くと臼と杵が置いてあり、中にはもち米が!「あ、これさっき絵本で見た!」「あの白いの、もち米やったね」と絵本を思い出し、ワクワクしながらもちつきが始まるのを待っていました。そして…もちつきがスタート!保育者がお餅をつくのを見て、「頑張れ!」と応援していましたよ。だんだん美味しそうなお餅になっていくのを見て「もちもちや!」「美味しそう!早く食べたいね」と食べるのが待ち遠しくなっていました。

つきあがったお餅を食べて、「美味しい~!」とぺろりと食べていました。たくさんおかわりした子もいましたよ。大満足な子どもたちでした。

優しいひまわり組さん

園庭で遊んでいると、何かの幼虫を3匹発見!「なんの幼虫かな?」と言いながら、「寒そうやし、バケツに入れてあげよう」とバケツに入れて土を被せてあげていました。

しかし、もうお部屋に入る時間に…「この幼虫どうしよう」と話し合った結果、「お家に帰してあげよう」「土に入れたら寒くないよ」と土に穴をあけて、幼虫を入れてあげていました。幼虫さん、大きく育ってくれるといいね!優しい子どもたちの心温まるエピソードでした。

今月のさんのうボードです!