ほけんだより3月

3月3日は耳の日です。3月のほけんだよりは、子どもに多い耳の病気『中耳炎』についてお伝えします。

 

*急性中耳炎*

中耳(鼓膜の内側)に、鼻や喉から細菌やウイルスが入って炎症を起こし、膿が溜まる病気です。小さな子どもでは、風邪のあと、鼻や喉の炎症に続いて起こることがよくあります。

・主な症状

激しい耳の痛み、発熱、耳だれ(耳から液体が出る)、耳が詰まった感じ

・気をつけること

小さな子の様子に注意:耳が痛くても、言葉で症状を訴えられないことがあります。耳に手をやったり、理由もなくぐずるときは体温の変化や、耳の様子に注意してみてください。

 

*滲出性(しんしゅつせい)中耳炎*

中耳腔(鼓膜の内側の部屋)に液体(滲出液)が溜まる病気です。急性中耳炎が完全に治りきらず、鼓膜の内側に膿が残って起こる場合があります。

・主な症状

耳が聞こえにくい(難聴):何度読んでも返事をしない、テレビを見るとき、音量を大きくしている

・気をつけること

中耳炎の治療は最後まできちんと受けること:治療を途中でやめてしまうと、慢性中耳炎に移行することがあります。医師から「完全に治った」と言われるまで、しっかりと治療を受けましょう。